歯の治療(2)
c0172106_2135489.jpg

     BELLEの歯の治療が無事に終わりました。
     帰りの電車からはご覧のような虹まで出て、
     BELLEの頑張りを褒めてくれているようでした。

     まず最初に、
     皆さんの温かなコメントや励まし、本当にありがとうございました。
     待合室で不安な気持ちになってしまって...
     その時、応援してくれているワンちゃんのお顔が浮かんできて、
     みんながガンバレーって言ってくれてるよって
     BELLEに言い聞かせていました。 
     
     
     今日は長いです。
     よろしかったら最後までお付き合いくださいね♪ 
 



  



     かかりつけ医の紹介で伺った歯科病院。
     ドキドキ...
     いよいよBELLEの診察時間...

     2日の検査報告書をもとに問診、そして診察開始。
     問題の欠けた歯は治療の必要はなかったのですが、
     ほかの歯で気になる箇所があったため、しっかり診て頂くことになりました。

     残りの歯のチェックが始まってすぐ、
     左上顎、一番奥の歯の内側、これがなんと歯周病になっていました。
     毎日歯磨きしていたのにショック~...
     先生に呼ばれて私も確認したのですが、
     米粒の半分ぐらいの歯がすでにグラグラしていて
     なんとなく茶色く汚くなっていました。

     「この部分は歯磨きするのは難しい箇所ですよ」と先生が慰めて下さったので、
     私もそれ以上凹まずにすみましたが...
     結局、ほかの歯に歯周病が及ばないように処置してくださり、抜歯しました。
     人間で言う親知らずのような部分なので、抜いても支障はないそうです。

     ほかにも下額の歯の内側に少し歯石がついていたようで
     きれいに汚れを取っていただいて治療時間は40分位で終了でした。
     麻酔が醒めるまでの時間、渡された資料を読んだり、お話を伺って
     あらためて日頃のホームケアの重要性を感じました。

     犬の口の中は歯石がつきやすい環境だそうで、ヒトの3~5倍のスピードで
     歯石になるそうです。
     また、歯石がとれるからという誤った情報で硬いもの(乾燥してあるトリーツ等)を
     あげてはいけないこと (小型犬には)。
     ご自分に置き換えて考えてくださいねと、先生に言われてしまいました(^^;)
     やはり歯磨き、これに代わる歯周病予防はないそうです。

     BELLEのような超小型犬は、一つ一つの歯が小さいので歯磨きするのも
     大変ですが、根気強く、毎日毎日一生涯続けていこうと思いました。
     これもBELLEの健康のためですもんね♪
   
     最後に、おかげさまでBELLEは食欲旺盛で元気です♪
     今日はこの辺で、みなさん、ほんとうにありがとうございました。  
     

     
by bellemama | 2009-05-08 23:04 | BELLEの健康
<< こんばんは♪ こういう日もあり♪ >>



カラダとココロがよろこぶ暮らし BELLEと一緒に
by bellemama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31