祈りの日
   さっきまでラジオ深夜便が静かに流れていた。
   大林宣彦監督が 原爆のことを語っていたように思う。
   聞き流していたはずなのに、なぜか涙が出た。
   祖父母のことを急に思い出したから...
   そうだ、明日は原爆の日だ、そう思った。

   母方の祖父はカボチャが嫌いだった。
   私の父もつい最近までイモ類があまり好きではなかった

   なのに私は....
   栗カボチャだ、ホクホクだといってブログではしゃいでいる
   そう、幸せなんだ、今って!

   祖父は白いご飯が大好きだった。
   いつも丁寧に手を合わせて 「いただきます」と言っていた。
   幼い私がご飯粒を残すと、
   1粒に7つの神様がいるんだよ、お米は神様だよ、残しちゃいけない。
   そう言われた。

   今ではやれ雑穀米とかいって、ヒエとかアワとか入ったご飯が流行っているけど
   祖父は一体なんていうだろう...
   やっぱり今って幸せなんだ!


   学生の時アメリカの友人に聞かれた。
   あなたはパールハーバーアタックをどう思うかって。
   じゃあ、あなたはヒロシマ、ナガサキ ボムをどう思うのかって言ってやった。

   友人はサラッと、
   やられたんだからしょうがない、仕返ししたんだって、そう言った。
   ムッとした。
   でも言い返せなかった。
   そのときの私、日本人なのに戦争のこと、あんまり詳しく知らなかった...
   恥ずかしかった


   祖父に戦争のこと、原爆のことを聞いてみた。
   当時の祖父は長崎にいた。
   祖父は運よくその日は五島にいて、被爆はしなかったが
   あの悪夢のような黒い雲を船上からはっきりと見ていた。
   部下を沢山失った。

   まったく地獄だったよ・・・・・
   ごめんね、まだ話したくないな...
   いつか話してあげるよ
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   結局きちんと話を聞かないうちに亡くなった。


   原爆投下から65年 初めて国連事務総長が日本を訪れた。
   ようやくだ。
   あの時の祖父の顔、悲しそうな顔
   深く深く残った心の傷 
   今だったら話してくれただろうか...

   
   戦争を知らない私、平和ボケしている私
   年中原爆のことを思うことは出来ないけれど
   これからも決して忘れてはいけない8月6日と9日だ


   けたたましく鳴くセミの声を背中に受けながら
   祖父母と正座して祈った原爆の日。
   今日、彼らの分まで世界平和を祈ろうと思います。
   


   

   
by bellemama | 2010-08-06 01:00 | 日常のこと
<< 癒しフェアにおでかけ♪ 見た目じゃなかった! >>



カラダとココロがよろこぶ暮らし BELLEと一緒に
by bellemama
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30