救われた一言
c0172106_06474.jpg
今朝散歩していて、同じ道でかつて起こった出来事をふと思い出しました。

そう、あれはBELLEが1歳になってまもない頃。
偶然、小型犬と一緒のご婦人と立ち話をしました。

話の流れでワンちゃんの避妊のことになって、
どうしてBELLEがまだ手術をしないのかと質問されてしまったのです。
私は前のワンちゃんも何もせずに長生きしたので、今回もしないだろうと答えると、
ご婦人は避妊のメリットを延々と述べられ、
手術しないのは貴女のエゴだと言われました。

気持ちが揺らいだ私は、犬関連の本や雑誌をたくさん読み
悩んだ末に、ご婦人の言う通りBELLEの避妊手術を決断したのです。





当時通っていた動物病院で、簡単に手術日を決め、術前検査を行ないました。
ところが思いもよらず肝機能のデータが悪いことがわかり、
まずは肝臓の治療をすることに。

その後、両後肢も悪いことが判明(膝蓋骨内方脱臼レベル4)
結局、避妊手術が出来ずに月日がどんどん流れてしまいました。

2歳を目前にして、忘れもしない、肢の治療でお世話になった
神奈川の病院に行った時のことです。
待合室で大先生が飼い主さんと避妊のことを話されていました。
(その飼い主さんは避妊手術をお願いしようと来院されたのです。)

簡単に避妊と言うけど、正常な臓器を将来の疾患を恐れて取るってことが
どれだけ大変なことか。避妊は決して簡単な手術ではない。臓器を取るんだからね。
貴女にもし娘さんがいて、将来子供を産まないからといって手術させますか?
賛否両論があることは十分承知で言っているけど、私は家の中で生活している
ワンちゃんに避妊はしないんだ。悪くなった時に治療する、それが自然でしょ?
そうキッパリ仰ったのです。

ビックリしました。鳥肌が立ちました。
こういう考えの先生がいらっしゃったんだ!
それまでずっとずっと避妊のことが引っかかっていたので
その言葉でパッと光がさした思いでした。
とっても救われたんです。

それ以来ずっと思い続けていることがあります。

情報に流されることなく、しっかりと考えて行動しようって。

たとえ99人が右といっても、少しでも?があって、
やっぱり左と思ったらそっちに進む勇気を持とうって。

「揺らぎない気持ち」、とっても難しいことですが、
これからも軸をずらすことなくBELLEと向き合っていきたいです。
みなさんはどう思われますか?
c0172106_07054.jpg
 最後までよんでくれてありがと!B(*^_^*)E
by bellemama | 2008-09-15 23:38 | BELLE関連
<< ワーイ♪ ごっきげんな一日! ちょっぴり秋の香り >>



カラダとココロがよろこぶ暮らし BELLEと一緒に
by bellemama
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30